<< 2012年10月その1 銀行開設 | main | 2012.10.15 アプリ申請 >>
2012年10月その2 iPhone5対応へ
とにかく動作確認はしなければ。
(実機テストしたときにアニメーションで落ちた原因はファイルサイズが大きいだけでした。解決済)

iPhoneのiOSを5.1から6へ。
おお、問題なく動くね!

気を良くしてXcode4.5.1をDLしにApp Storeへ。
あれ?4.5.1はmacOS10.7.3にはインストールできないそうな。
まずこちらを10.7.5へアップデート。
そしてXcode4.5.1をDL、インストール。

Xcode4.5.1でアプリを開く。
エラー1つ。4インチ用のスプラッシュ画像がないよ〜と。
それだけ。よかったー。

シミュレータを4インチ画面にして確認。


がーん…


レイアウトばらばら。
ボタンは左寄りで定位置。センタリングになってない(X座標からの距離が3.5インチのと一緒)
画像は左寄りだったりセンタリングされていたり横長に伸びて画面一杯だったり。

これそのまま配布してたら、4インチでちゃんとアップルの言うセンタリングになったのかな?

出来たと喜んでいたのに、もうガックリ。

ちょっと直してみたけど改善できないところがたくさん。
アスペクトFillと設定してるのに、勝手に一方だけ拡大されてたり。
太ったリズビーなんてありえないし。

悩みに悩んで、一度はそのまま出そうと決め、Xcode4.3.3を再DLしてみたりもした。
(前Ver.のXcodeのDLはコチラ)

でもゆくゆくは4インチに対応しなければならないよ…
思い直してXcode4.5.1でいちから組み立てていく事にしました。
コードはできているから出来るだろう!


…出来ませんでした。ボタンの命令の書き方がXcode4.3.3と違うみたいです。
それにまだ4.5.1の解説がメチャクチャ少ない。サルできさんのサイトがすこしだけ始めてくれていて助かったけれど。

そうこうしてイジっているうちに、なんと画像の扱いが分かってきたり!


でも最終的にはやっぱり前に出来ていたアプリに手を加え、どうにか左揃えで4インチ対応しました。

「Album」のスクロールビューが縦なので思い切り4インチの影響を受けました。
縦を上下黒い帯にし、4インチサイズの1136pixelにして作ってみたら、iPhone4Sではその分が自動縮小されて960pixelになるため、リズビーがまた太ってしまった…
なので960×480で作り、間に同じ大きさの黒画面を配置、自由な場所で止められるように『Paging Enabled』のチェックは外して作ってみました。なんだか間延びしてますが。

ボタンも中途半端になっていたところがあって直したりして、前より完成度が上がりました〜!(多分)


時を同じくして銀行の口座ができたので…


今度こそ申請です!!



| 制作過程 | 17:09 | comments(0) | - |
コメント
コメントする